03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

マイ・ウェイ・・・・・・♪ 

      And now, the end is near

      And so I face the final curtain

      My friend, I'll say it clear
 
      I'll state my case of which I'm certain
     
      I've lived a life that's full

      I've troubled each and every highway

      And more much more than this, I did it my way



      Regrets, I've had a few

      But then again too few to mention
 
      I did what I had to do

      And saw it through without exemption
 
      I planned each charted caurse

      Each careful step along the byway
 
      And more much more than this, I did it my way




      Yes, there were time, I'm sure you knew
  
      When I bit off more than I could chew
 
      But through it all, when there was doubt
 
      I ate it up and spat it out

      I faced it all, and I stood tall

      And did it my way



      そして今、終わりが近づき
      そして終幕に直面している

      友よ、これだけはハッキリ言える
      私の事を確信をもって
      私は波乱の人生を送ってきた

      困難にもでくわしたけれども
      全ての道を旅してきた
      普通の旅ではない 自分の信ずるままに 

      後悔も少しはあった
      しかし、再び言及することはほとんどない
      やるべきことはやったし、免除してもらうこともなかった
      全て慎重に道に沿って設計をたて
      ただの設計ではない 自分の信ずるままに

      たしかに君が知っているように
      自分がこなせる以上のものを抱え込んだときもあった

      しかし疑問に思ったときは
      立ち止まり、引き返した
      私は全てに堂々と立ち向かった 自分の信ずるままに
  
      愛し、笑い、涙したこともあった
      欲しいものを手に入れ、敗北も味わった
      そして今、涙が途切れ
      わたしは何もかも楽しかったと気づいた

      私のしてきたことを考えると
      私は恥ずべきやり方ではなかったと言える
      いや、いや、私は違うのだ 自分の信ずるままに

      人はその人なりに得たものがある
      自分を偽る者は
      自分の本当の気持ちも祈りの言葉も口にできないのです
      記録は私が戦ってきたことを示している 自分の信ずるままに

           そう、自分の信ずるままに




    そして今、最後の時が近づくにつれ
    人生の幕を私は迎えようとしている
    はっきりと胸を張ってそう呼べる友人たちがいる

    自分の意見だってはっきり言えるくらい
    この波乱に満ちた人生を私は生き抜いた
    あちこちのハイウェイで、よくもめ事も起こしたものだ
   だけど、それ以上に、私は自分の思うように生きてきた


   後悔、そんなものはほとんどないよ
    だが、取り立てて言うほどの人生を送ったわけでもない
    やらなきゃならないことを私はやって来たつもりなんだ

    一つの例外もなくやり通してきた
   人生の設計を計画立てて
   たまにそれる脇道も注意深く進むようにしてきたんだ
   だけど、それ以上に、私は自分の思うように生きたよ


   それは確かに、手に余るようなことに関わったこともあったが
   でもその全てを通して、納得がいかなければ
   議論に熱中もしたし暴言まで吐いたことだってあった

   堂々と胸を張って、全てに正面から立ち向かい
    私は自分を貫き通してきたんだ。





            あなたなら どんな訳になるのでしょう?

[edit]

trackback: -- | comment: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。